おっさん社内SEエンジニアの勉強ブログ

勉強記録のブログとなります。

AWS認定学習記録-S3-S3の外部接続

後3単元でS3のカリキュラムが終わります。
S3が終わった際にかかった費用とかを雑記で取りまとめます。

今回はハンズオンがないため、実際の手順パートはありません。

今回のテーマ:S3の外部接続

概要

AWS Storage GateWay

標準的なストレージプロトコルを利用し、外部システム環境とAWSのストレージサービスを接続するサービス

f:id:In-houseSE:20210517071426p:plain

AWS Storage GateWay利点

  • 標準的なストレージプロトコルを活用したシームレスな統合
  • キャッシュを活用した低レイテンシなアクセスが可能
  • AWSストレージサービスの堅牢性・低コスト・拡張性(バックアップやBCPなど)
  • 効率的なデータ転送
  • AWSのモニタリング・管理・セキュリティとの統合

AWS Storage GateWay用途

  • ビックデータ処理/クラウドバースティング/システム移行などでデータをAWSストレージに移動したいケース(移行時にDBのデータFulldumpの保管先として利用)
  • バックアップ/アーカイブ/災害対策としてAWSにデータを保持
  • オンプレ環境で容易にAWSストレージを活用

Storage GateWayのタイプ

タイプ 概要
ファイルゲートウェイ Amazon S3オブジェクトにStorage Gatewayを経由しファイルデータを格納
ボリュームゲートウェイ Amazon S3 およびEBS snapshotsをバックエンドとしたブロックストレージ
テープゲートウェイ Amazon S3 とGlacierにデータを保管する仮想テープストレージとVTL管理

ファイルゲートウェイ

オンプレ環境のファイルデータをStorage Gateway経由でAmazon S3上のオブジェクトに格納

ボリュームゲートウェイ

オンプレ環境のディスクデータをStorage Gateway経由でSnapshotとしてS3上に取得し、AWS環境のDisaster Recoveryを実現

  • iSCSCIでブロックストレージとしてインターフェースを提供
  • オンプレ環境のローカルディスクバックアップを自動的にAWS側で実施
  • 更新データは非同期でAWSに転送
  • オンプレ側のStorage Gatewayへのリストアを実現
  • AWS上のでEBSディスクとしてリストアが可能

テープゲートウェイ

Storage Gatewayを仮想テープライブラリとして利用し、堅牢性の高い外部保管バックアップストレージを実現

  • VTL(Virtual Tape Library)対応バックアップソフトウェアを利用し、Storage Gatewayを経由し、バックアップデータをS3およびGlacierに格納
  • オンプレおよびAWSのEC2環境で利用可能
  • バックアップソフトウェアよりテープ取り出し操作を行うことで、安価なアーカイブストレージ(S3/Glacier)を利用可能
  • 主要なバックアップソフトをサポート

S3 Transfer Acceleration

クライアントとS3バケット間で、著距離にわたるファイル転送を高速、簡単、安全に実行します。

利用場面:

  • 中央のバケットに対し、世界中からアップロードされる場合
  • 大陸間で定期的にギガバイトからテラバイト単位のデータを転送がある場合
  • Amazon S3のアップロード時にインターネット経由で利用可能な帯域幅を活用できていない場合

Snowball

物理ストレージデバイスを使用し、インターネットを迂回してAWSとの大容量データ転送を高速化するサービス

  • すべてのリージョンで80TBモデルを使用可能
  • 暗号化が強制、保管中や輸送中のデータを保護
  • AWS Snowballマネジメントコンソールを使用
  • オンプレのデータセンターとSnowball感でローカルデータ転送を実行
  • Snowballはそれ自体は配送コンテナ

今回のテーマは以上です。