おっさん社内SEエンジニアの勉強ブログ

勉強記録のブログとなります。

AWS認定学習記録-サーバレス-API GateWayの概要

API Gatewayの仕組み

f:id:In-houseSE:20211017115511p:plain

公式サイトのURL:

aws.amazon.com

今回テーマ:API GateWayの概要

APIとは

API(Application programming interface)は、システムとシステムをつなぐ連結器となります。
概略図は以下のようになります。

f:id:In-houseSE:20211017120208p:plain

また、APIを通してリクエスト/レスポンス通信により、他のサービスの機能やデータを呼び出すことが可能です。
なお、一般的には以下のよう扱いとなります。

APIの活用

APIの活用として、自社アプリ・サービスをAPI化し連携を目指す方式とAPI化された他社アプリ・サービスを活用する方式があります。 各々の概要について以下ようになります。

自社アプリ・サービスをAPI公開

  • 自社アプリ・サービスをAPI化し、他社との連携しサービスと展開

他社アプリ・サービスのAPI活用

  • 他社APIサービスを活用し、自社事業と組み合わたアプリやサービスを展開

APIエコノミー

APIエコノミーとは、自社サービスやデータをAPI化し社内外連携を促進し、ビジネス領域や価値を拡大させるビジネス活動となります。

API利用の必要事項

APIを活用するためには、APIを効率的に構築/運用/保守ができる状態であることが必要です。
項目としては以下のようなものが挙げられます。

  • APIの作成
  • API利用情報の監視
  • APIのバージョン管理
  • APIの認証・アクセス管理

API Gateway

API Gatewayとは、API作成/管理をフルマネージド型サービスでAWSが提供しています。
概要としては以下のようなものが挙げられます。

  • 最大数十万個のAPI同時呼び出し・受付が可能
  • アクセス制御の管理
  • DDoS攻撃対応やスロットリングによるバックエンド保護
  • EC2Lambda/任意のWebアプリケーションのワークロード処理を実行
  • Lambdaと密接に統合
  • WebSocketを利用したリアルタイムかつ双方向通信のAPIも処理可能

ユースケース

使用事例として、API Gatewayを連携口とし外部アプリとの連携を実現します。
簡易構成は以下のようなものがあります。

f:id:In-houseSE:20211017122449p:plain

今回のテーマは以上です。